昔から愛されてきたミカンにはダイエット効果があった…?

熟れる前のミカンも使える

美容にも良くて、高齢者に多い高血圧予防にもいいと言われているミカン。まだ青いと酸っぱくて食べにくいですが、そんな未成熟のミカンもダイエット中の女性にとってはありがたいフルーツです。青いミカンに含まれているシネフリンという物質がダイエット効果があることで注目されています。脂肪燃焼酵素であるリパーゼの働きを高めるので、食事前に食べておくのがおすすめです。普段だったら食べなかった青いミカンも使い道があるんですね。

普通のミカンの場合は

オレンジ色に熟した甘くておいしいミカンも、もちろんダイエットに使えますよ。ミカンの内皮に含まれているペクチンを食べることで、ダイエットが成功しやすくなることが判明しました。このペクチンは食物繊維の一種で、身体がコレステロールを吸収するのを抑える働きと腸内環境を整える効果があります。どちらもダイエットをするうえで重要だと言われていることですよね。毎日のミカンで太りにくくて痩せやすい体質に改善できるかも!?

ミカンダイエットのポイント

まず缶詰のミカンにしたり、内皮を取り除いて食べないことです。ペクチンは果実ではなくて内皮にしか含まれていないので、せっかくのダイエット効果を得ることができなくなってしまいます。必ず内皮まで食べて下さいね。ミカンを食べるタイミングは、毎回の食事前にするのがベスト。ミカンが水分を吸収して体内で膨張することで、お腹も満腹になって間食しなくても大丈夫!冬は運動不足や正月太りで体重が増えがちですから、ミカンで体形を保ちましょうね。

フェアリーレシピとは、バストアップに効果のあるサプリメントのことです。プエラリアなどの成分が配合されています。