脂肪溶解注射で部分痩せ!その仕組みと注意点とは?

脂肪溶解注射って何?

通常の脂肪除去方法といえば、脂肪吸引が有名ですよね。脂肪吸引とは、専用のチューブを脂肪を取り除きたい患部に刺し、脂肪を吸引する方法です。脂肪吸引はきれいに脂肪を吸引出来ないと、肌がボコボコしてしまったり、全体的なバランスが悪くなるなどの問題があります。また、チューブが内臓を傷つけてしまうリスクなども存在するのです。それに対し脂肪溶解注射は、脂肪を除去したい部分に薬液を注射します。その薬液が脂肪を溶かして、溶けた脂肪は血液に流れていきます。そして、最終的には老廃物と一緒に体の外へ排出されるという仕組みです。

脂肪溶解注射の効果とは?

ダイエットをして脂肪を落とそうとしても時間がかかりますよね。特に、セルライトなどの頑固な脂肪はなかなか落ちてくれません。また、ダイエットで部分痩せは難しいです。それでもどうしても部分的に痩せたい!と思う人には脂肪溶解注射はオススメです。脂肪溶解注射は、気になる個所に注射をするだけで脂肪を取り除くことが出来ます。自然と脂肪が溶け出すため、肌の表面がボコボコするなどのリスクは少なくなります。また、腫れなどのダウンタイム期間も短いです。

脂肪溶解注射の注意点

脂肪溶解注射は、脂肪吸引とは違ってすぐに効果が出るものではありません。脂肪を徐々に溶かし出すためです。また、薬液の量によっては1度で効果を見込めないこともあります。その場合、定期的に注射をしなくてはいけません。病院によって施術の効果にもバラつきがあるため、施術を受ける前に信頼のおける病院なのかどうかをしっかりと見極める必要があります。脂肪溶解注射はリスクが低い施術とはいえ、病院選びに失敗してしまうとリスクが高くなります。

脂肪溶解注射は、皮下脂肪の悩みを抱えている女性にとって、魅力あるダイエットの方法のひとつとして支持されています。